転造ねじ加工はじめました

2020年から加工を開始した地震に強い転造ねじ加工です。
従来の切削ねじと違い専用ローラーの圧力でねじを施します。
転造ねじはパイプの肉厚を失わずにねじが切れるので、
切削ねじに比べ、ねじ結合部の強度が高くなります。
写真はSGP黒15Aです。
配管の耐震性向上のため対応可能サイズを増やして行きたいと思います。

一覧へ戻る